アリシゼーション・アニメ振り返り

アニメSAOアリシゼーション第1話の解説・感想・内容まとめ・振り返りなど

更新日:

本記事ではアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の第1話を振り返り、内容などをまとめつつ感想等を書いていきます。

アリシゼーション第1話を見てない方はネタバレになりますのでご注意を

第1話視聴は以下より可能です。

GyaO

ニコニコ動画

AbemaTV

要所要所で設定が難しい所もありますが、今後の展開のネタバレはしない程度に解説していきます。

仮想世界からスタート

アニメ第1話ではいきなり仮想世界から物語がスタートとしています。

時は人界歴372年7月18日

キリトがかなり子供に描かれていますよね。(ショタキリト)
これについては後々分かってきますので今は触れないでおきましょう。

 

キリトとユージオは巨大な大木「ギガスシダー」を切り倒すことが天職になっています。

しかしギガスシダーの天命は残り235540で、キリトとユージオが2ヶ月かけて斧を振るっても50しか減らせていません。

このペースでいくとキリトとユージオが生きているうちには倒せそうにもありませんよね。

ユージオは「あと18代、900年くらい経ったら切り倒せるんじゃないかな」と諦め気味です。

(ちなみに天命というのはこの世界のオブジェクトの耐久値のようなもので、食べ物や生き物などにも存在しています。
もちろん人間にも天命は存在し、それぞれ天命が尽きると消滅・死に至ってしまいます)

イケナイシーン

諦め気味なユージオにキリトがちょっかいを出すちょっとイケナイシーンがありましたね・・・

これはまずいですよ!

キリト×ユージオこと松岡禎丞×島崎信長・・・

アリス登場

ちっちゃいアリス登場です。

これはかわいい。

キリトもユージオもアリスもみんな子供で描かれていますよね。
公式サイトとかでは成長している姿が映っていますので、これはなにか関係がありそう。

アリスの弁当をゆっくり食べたい

食べ物は暑い夏は天命が尽きるのがはやくゆっくり食べることもできません。
このあたりは現実世界と少し似ていますよね。

アリスの弁当をもっとゆっくり食べたいと考えたキリト

冷やすものがあれば天命の減りは遅くなるということですね。(保冷剤みたいな)

英雄ベルクーリの武勇譚では、はての山脈の入り口に大きなつららが生えていたことをキリトが語り、取りに行こうと言う話になります。

 

しかしユージオは村の掟があると拒みます。

村の掟は

「大人の付き添いなく子供だけではての山脈に遊びに行ってはならない」

というもの

しかしアリスが「氷を取りに行くのは遊びじゃない。仕事のうちだわ」と屁理屈をこねキリトもこれに賛同します。

禁忌目録の存在

ユージオ「でもさ、はての山脈に行くのは村の掟だけじゃなくて、アレでも禁じられているだろ?」

アレ・・・禁忌目録という言葉が出てきましたね。

今回言われていた禁忌目録は

禁忌目録第1章3節11項「何人たりとも人界を囲むはての山脈を超えてはならない」

しかしこれもアリスが上手く躱します。

アリス「超えるっていうのははての山脈の向こう、ダークテリトリーに入ること。洞窟に入ることは含まれないわ」

こうして3人は次の安息日に氷の洞窟探しに行くことになります。

氷の洞窟を探しにはての山脈へ

人界歴372年7月21日

3人ははての山脈にある氷の洞窟へ氷を探しに行きます。

そしてそこには氷が大量にありましたね。

 

しかし進むとそこには・・・

白竜が倒されていた

英雄ベルクーリですら逃げ出したと言われている白竜が人間によって倒されていた痕跡がありました。

アリスは「もしかして公理協会の整合騎士が人界の守護者である白竜を殺したの?」といいます。

これは伏線でしょうか・・・。

 

そしてお宝を持って帰るのは悪いと思い氷だけ持って帰ろうとする3人

 

しかしどこからは入ってきたのかが分からなくなり、来る道とは違った方向に進んでしまいます。

ダークテリトリー

3人が進んだ先にははての山脈の向こうにあるダークテリトリーへと続く出口でした。

 

そしてそこでは整合騎士と暗黒騎士との戦いが繰り広げられていました。

 

戦いの末、破れた黒い騎士はアリス達の眼の前に落ちていきます。

アリスが禁忌目録を犯す

眼の前に落ちてきた暗黒騎士を無意識に助けようとしたアリスは指先をダークテリトリーに触れてしまいます。

 

その途端不気味な顔が・・・

どうやらこの行為は公理協会に監視されていたようです。

整合騎士が村にアリスを連行しに

翌日整合騎士〈デュソルバート・シンセシス・セブン〉が禁忌目録を犯したアリスを連行しにやってきます。

そしてアリスを捕縛連行し、審問の後処刑すると告げます。

どうやら禁忌目録を犯したものは処刑されるようですね。

抵抗しないアリスの父

アリスが連れ去られることを聞いて驚きはしたものの一切抵抗はしないアリスの父

このことから禁忌目録の絶対、整合騎士の絶対のようなものが読み取れますね。

ユージオの右目

アリスが連れ去られようとしてるところをキリトは救おうとします。

キリト「俺が斧で打ち掛かる。そのすきにアリスを連れて逃げるんだ」
ユージオ「キリト、でもそれは・・・・」
キリト「禁忌が何だ、それはアリスの命より大切なのか」

この会話から整合騎士に歯向かうことが禁忌目録に含まれているの可能性がありますね。

 

そしてキリトが整合騎士に襲いかかろうしますが、あっけなく吹き飛ばされてしまいます。
大人たちに押さえつけられたキリトはユージオにアリスを救えと言います。

 

アリスを救おうとしたユージオに訪れたのは右目の痛み

 

右目の違和感に困惑しているすきにアリスは整合騎士に連れさられてしまいます。

(この右目の仕組みについてネタバレになりますので解説は控えておきます。アニメが進むに連れて解説されて行くと思いますので今はなにかある程度に考えて良いでしょう)

気づけば現実世界に

アリスが連れ去られたところでキリトは目覚めます。

目覚めたキリトは涙を流しつつも困惑している様子です。
まるで長い夢を見ていたようですね。

しかしアンダーワールドでの記憶はキリトにはないみたいです。

GGOの世界で(西暦2026年7月27日)

そしてまたいきなりGGOの世界になります。

これまでの登場キャラを詰め込んだキリトのハーレムチームです。

シノン

クライン

リズベット

 

シリカ

シリカだけなんか狂気が混じってますw

 

そしてアスナとキリト

アスナもフォトンソードを使ってるというw

 

どうやらキリト達が戦っていた相手はPKプレイヤーみたいですね。

キリト達が戦っていた相手

キリト達が戦っていた相手はいったいどういう相手なのでしょう。

金髪のキャラクターはこう言っています。

金髪「あんなイレギュラーなスコードロンと戦っても訓練にはならない。本番の作戦に悪影響が出ても困るしな」

この一言、実はかなりの伏線になってたりします。

サトライザー

BOB大会第1回第4回優勝者のサトライザーと勝負するために変速な動きをするキリトとアスナを第5回BOBに一緒に出ようとシノンは誘います。

 

ここでちょっといやーな会話が・・・SAOのGGO編で出てきたデス・ガン事件の犯人の一人

シノン「まだ一人、逃走中の犯人がいるけど・・・」

なんだか嫌な予感がしますね。。。

アスナがやばい

アスナがやばい。

アスナのキリト愛がやばい。
というかここまでいくと怖いw

でも実はキリトもちょっとやばいんですよね。

アニメでは語られていませんが、原作ではアスナの携帯にGPSが付いていてキリトもアスナの現在位置が分かるようになっていますw
心拍数についてはさすがにキリトにしか付いてませんが・・・

キリトがやっているバイトについて

キリトがバイトテストしているのは新型のフルダイブシステムとブレインマシーンインターフェースです。

簡単に言えばアミュスフィア(アスナ達が今使ってるVR機器)の新型をキリトはテストしているということになります。
(開発元はRATH(ラース))

しかしそのマシン<ソウルトランスレーター>が作るVRワールド内部の記憶は現実世界には持ち出せないようで、キリトは仮想世界の記憶を持っていません。

そしてこの仮想世界は現実世界の夢の様なもので、実際のダイブ時間の数倍を仮想世界で体感できます。
(FLA(フラクトライトアクセラレーション))

キリトのバイト3日間とアンダーワールドにいた時間

実際キリトが3日間のバイトのうちにどれだけの期間仮想世界を生きていたのでしょうか。

アニメ冒頭にキリトとユージオとの会話にこのようなやり取りがあります。

キリト「1年と3ヶ月毎日これだけ斧を振るってるのに、やってられないなぁ」

 

アニメの中で分かる限り、キリトは最低でも1年と3ヶ月は仮想世界にいることが分かります。

3日間・・・72時間
1年と3ヶ月・・・約10920時間

こうして考えると仮想世界の時間の流れは最低でも約150倍になります。

またキリトがどのような歳からアンダーワールドを暮らしているのかにもよりますが、キリトとユージオが11歳であることを考慮すると時間の流れる速さは計算するだけでも恐ろしい数字になりますね。

あらぁ〜

話が終わりエギルの店から出てシノンと解散しました。

お二人とも、あらぁ〜

お熱いですね

ラフコフ最後の一人

シノンとの会話で「まだ一人、逃走中の犯人がいるけど・・・」といったそばから出くわしてしまいました。

ジョニー・ブラックさんです。

ないよ、剣ないよぉ!!

いい顔してますね。

キリトが現実世界で剣を握る動作をした時に言った名言ですね。

「ないよ、剣ないよぉ!!」

あるよー、毒武器あるよぉー

またもやいい顔

もうこれはネタですねw

キリトくんが・・・

ジョニーさんに毒物を注入されてしまいました。

キリト君はどうなってしまうのでしょう・・・

まとめ・感想

さてSAOアリシゼーションの第1話を振り返ってみました。

ちょっと伏線が多すぎて設定が分かりづらい思いをした人も多そうですね。

ただ、このアリシゼーション編の設定は複雑なんですが、見ていくと少しずつ繋がっていき「そういうことだったのか!」と分かる楽しさがあります。

本サイトでも出来るだけ詳しく解説していきますが、わからない所はそのうち分かるだろうくらいの気持ちでアニメを視聴していくのも良さそうですね!

 

そして幼女アリスかわいかったですね。
最初の登場シーンとか超可愛いじゃないですか!

そして最後の「ないよぉ、剣ないよぉ」で全部持っていかれた感がありますねw

かなり動きのあった第1話になったのではないでしょうか。

 

今後少しずつ伏線が回収されていくはずですので、楽しみですね!

 

アリシゼーションは原作9巻からスタートしています。

-アリシゼーション・アニメ振り返り

Copyright© SAO(ソードアート・オンライン)解説・考察・情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.